グレンデールの若者がサイエントロジーのハイチ災害対策チームに参加する

地震の一ヵ月後、パサデナ・シティー・カレッジに通うサイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、自分がハイチを忘れていないことを確かめたいと思いました。 2月14日、マイアミのCBS4は、サイエントロジー災害対策チームの一員としてハイチに向かう途中のオースチン・イーストレーにインタビューしました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスターが語る、ハイチ地震の重傷者治療班での体験

ロシアのサイエントロジー・ボランティア・ミニスターのチームは10個の時間帯にわたる3万キロの旅を終えました。この旅は、4年前にモスクワで始まりました。2006年8月以来、このボランティアはシベリア鉄道を旅し、約8千人に対して講演やセミナー、コースを与えてきました...


ボランティア・ミニスターの災害対応:ポルトープランス総合病院

1月13日のハイチ大地震により20万人以上が死亡し、推定30万人が負傷し、迅速な対応が必要とされ、ハイチの医療施設では対応できずにいました。準看護師と救急救命士の資格を持ち、サイエントロジーのボランティア・ミニスターのアヤゥ・リンデマンは、その災害に迅速に対応したひとりでした...


ハイチ災害対応チームの仕事に関するサイエントロジーのボランティア・ミニスターからの直接報告

サイエントロジーのボランティア・ミニスターであり、フロリダ州タンパのサイエントロジー教会のスタッフ・メンバーであるエレナは、サイエントロジー教会がハイチへ医療物資、医師、看護師やボランティア援助を送り届けるために飛行機をチャーターしたことを耳にし、彼女は姉妹であるミカエラに電話をして、1月16日の飛行機に2人分の席を予約しました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、ジョージア議会決議998により表彰された

サイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、2010年2月8日にジョージア州議会を通過した決議案998によって、彼らのハイチでの災害対策を認められました。以下がその決議です。「したがって、西洋の歴史の中で最も悲惨な自然災害のひとつにおいて、ボランティア・ミニスターがハイチ国とその生存者たちに施した無私の奉仕は、心のこもった人道主義の手本であり、表彰に値するものです...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスターの目から見たハイチ

2005年9月にインドを訪れて以来、サイエントロジー・ボランティア・ミニスター・インド親善ツアーはあらゆる分野の専門家たちにトレーニングを提供してきました。ツアーのリーダーであるマリソン・ホワイト女史(Marison White...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター・インド親善ツアー・リーダへのインタビュー—パート2

7.0の地震がポルトープランス市を破壊してからほぼ3週間経った後も、医者、看護師、その他の医療スタッフによる被災者の命を救おうとする戦いは続いています。サイエントロジー・ボランティア・ミニスターのチームは総合病院と、ポルトープランス空港に設営されたマイアミ大学病院テントにて医療チームを支援しています...


サイエントロジー・ボランティア聖職者のハイチ震災での対応の話

カレン・ファレルさんは、ニュー・イングランドに住む助産師であり、サイエントロジー・ボランティア・ミニスターです。1月12日にハイチの地震のことを聞いた時、彼女が最初に思ったことは、助けなければということでした...


親族11人を失ったロス在住のハイチ人女性が、ハイチへのボランティア・ミニスター・チームに参加

サイエントロジー教会がチャーターした旅客機は1月21日にポルトープランスへ向けロスを出発しました。ハイチ人のジュード・ファレーズと彼女の16歳の息子も搭乗しました。ファレーズは1月12日のM7.0の地震で11人の兄弟姉妹やいとこを失いました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、ワシントンD.C.からハイチ災害救援活動

CBS系列のWUSA9 TVでは、ワシントンD.C.にあるハイチ大使館で10名を超えるボランティア・ミニスターが援助提供をしている姿を報じました。多くのハイチ人が火曜日に起きたマグニチュード7.0の大地震で家族を失いました。あるサイエントロジー・ボランティア・ミニスターはこう語っています...


ハイチ災害対策に求められるサイエントロジー・ボランティア・ミニスター

サイエントロジー・ボランティア・ミニスター災害対策コーディネーターは、2010年1月12日、ハイチでのマグニチュード7.0の地震の緊急対策に応じて、ボランティア・ミニスターにハイチへの救援を呼びかけました。ハイチの首相であるジャン-マックス・ベルリーヴは、地震による死亡者は、首都であるポルトープランスが最悪で、数十万に届くだろうと見積もりました...


市長がサイエントロジー・ボランティア・ミニスターを表彰

トリノ市長のセルジオ・チャンパリーノ氏は、マグニチュード6.3の地震がラクイラの町と周辺の村を襲い、1500人の負傷者、2万8千人の住居を失った住民、300人の死者をもたらした後、人々を救援した10の市民保護活動協会を称えました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、ケニアに帰還

ケニアのライラ・オディンガ首相が地球温暖化の経済的および社会的影響について月曜日に語った時、サイエントロジー・ボランティア・ミニスターのデビッド・デンプスター氏はナイロビでスカウトのリーダー達に対する1週間のトレーニングを提供して、ちょうどケニアに戻ってきたところでした...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、インド親善ツアーのリーダーへのインタビューパートI

サイエントロジー・ボランティア・ミニスターインド親善ツアーのリーダー、マリオン・ウィッタさんはオーストラリア出身であり、インドの公共機関にとって大切な存在になりました。この4年間、彼女は都市や町や村に援助をもたらし、L. ロン ハバードが開発した精神的な技術について何万人もの人々を訓練しながら国中を旅して回りました...